こじらせ花子のブログ

こじらせた花子の奮闘日記です。

「上京物語」起業したいと考える大学生、20代、30代には必読の本!

おはようございます。花子(@kojirasehanako)です。

 

本日は「起業に興味あるけど、お金ないしなぁ」と考えている人にうってつけの本を紹介します。

 

上京物語~僕の人生を変えた、父の五つの教え~

 

 


友達に「すっごくいいよー!」と勧められなければ読まなかった本です。

 

結果「読んでよかったー!!!」ってなりました。

 

この本の魔力はすごいです。

 

安定思考な花子でさえ「よし、仕事辞めて起業しよう。」と思わさせられました。

 

こうゆうのは初めてです。

 

できれば大学生、20代、30代には読んでいただきたい本です。

 

この本は二部構成で成り立っています。

 

前半は小説。ある男性の人生についてです。


後半は父から息子へのメッセージになっています。

 

前半、後半に分けて私の思ったことをつらつら書かせていただきます。

 

 

前半の小説感想

 

ある男性の一生ですが一言で言うと「なんと言うか‥悲惨だ!

 

読んでいるとイライラさせられます。


主人公は起業したいと思っているのですが、ずっと先延ばしにします。

 

お金がない。リスクがある。家のローンを払わなければいけない。

 

結局同じ会社でずっと勤め上げ、事件も発展もないまま終了します。 

 

お金お金って!!情けない!!

 

しかしよくよく考えてみたら、この主人公は私を含める大半のサラリーマンのことを書いているのです。

 

「自分も同じ立場なら、この選択をするだろうな‥」と思うとぞっとさせられます。


読んでいるとケツメイシの「闘え!サラリーマン」を歌い出しそうになります。

f:id:kojirasehanako:20161216073942j:plain

※ネクタイふーりーまーわーせー!

 

 話が逸れました。

 

後半は息子へのメッセージ

 

前半パートでは嫌な気持ちになりますが、後半では「主人公のようにならないためにどうすればいいか」を息子に説いています。

 

やぶるべき五つの常識の殻について教えてくれます。

 

ここでは私の心に一番響いた1つを紹介します。

 

では 、今度は二つ目の常識の殻 、 「安定 」について説明しよう 。世の中の多くの人が 「安定 」だと思って頼って生きているものは 、実はほとんどの場合 、 「みんなもそうだから 」ということ以外 、何の根拠もなく 、実際にはとても脆いものだということがよくある 。

 

世の中の多くの人たちは 、自分の力では変えられないものをあてにして 、それが安定しているという前提のもとに人生設計をしているんだよ 。 「それが安定しているうちは 、自分の人生も安定している 」ということは 、裏を返せば 、 「その安定がなくなったら 、自分の人生は不安定になる 」ということなんだが 、そのことには気づかないふりをしているんだ 。いや 、気づいているからこそ 、固く念じているのかもしれない 。 「絶対にそんなことにはならない 」ってね 。

 

本当の安定というのは 、自分の力で変えられることを 、変えようと努力しているときに得られる心の状態のことをいうんだ 。

 

上京物語〜僕の人生を変えた、父の五つの教え~より引用。

 


はい、思ってました。この安定が一生続くと。

 

今勤めている会社が一生ある前提で、将来のことを考えていました。

 

もし、突然会社がなくなったら‥怖いですねぇ。

 

自分の「安定思考」が全く安定していないことを気づかされました。

 

他の常識の殻についても、一つにつき一記事書けるくらい衝撃を受けます。


「もしかして俺、お金を全ての判断基準にしてる??」

 

「あれ?私も安定思考だと思っていたけど、もしかしたら違うかも?」

 

と思った方は是非読んでみてください。


きっと常識の殻をやぶることができると思います。

 

 


全くの余談ですが、今「闘え!サラリーマン」を聴きながら記事を書いています。

これカラオケでスーツ着て歌われると、なぜかきゅんとします。歌えるようになるとモテるかも。

 

闘え!サラリーマン

闘え!サラリーマン

  • ケツメイシ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

全くの余談でした。

広告を非表示にする