こじらせ花子のブログ

こじらせた花子の奮闘日記です。

【本】「心を整える」長谷部誠さんの真面目さに心を洗われました。

おはようございます。花子です。

 

本日は10月に読んだ本1冊目を紹介させていただきます。

 

心を整える

 

 

 

 

【読書前】サッカー選手なんてチャラチャラしているに決まってる!!|( ̄3 ̄)|【読書後】すいませんでした。素晴らしい人でした‥

f:id:kojirasehanako:20161006063941j:plain

 ※私はボールを蹴ることも苦手でした。


全体を通すと、「心を整える」というより、長谷部選手の生きる知恵の本です。

 

彼のリーダーとしてのコツって感じです。

 

サッカー選手って派手な生活をしているイメージなのに、この本からは全くその雰囲気はありません。

 

むしろお坊さん並みに自制しながら暮らしています。


人生を全てサッカーに捧げている選手だからこそリーダーをまかされるんだなあと感じました。

 

とても性格が良い人なのが、本から滲み出ています。

 

じぶんが信じていることをそのまま書いている感じがあり、ゴーストライターによって書かれたものではないのが直感でわかります。

 

「自分はこのように心がけている、皆もこうすべきだ」という押し付け感もありません。

 

すごい方なのに「上から目線」にならないように心がけています。

 

これを書いたのが私と同年代の時とは思えません!_| ̄|○


さらに、この本の印税で、東日本大震災で被災した幼稚園を再建されたそうです。

 

なんだ‥仏だったのか‥。

 

長谷部選手はサッカー選手ではなく、お坊さん。いや。仏様でした。

 

心を鎮める時間を作る

 

「一日1回、深呼吸をして、必ず心を鎮める時間を、作りなさい」

 

彼には毎日、ベッドに横になり、天井をみつめたまま、息を整え、全身の力を抜くという30分間の習慣があります。

 

彼が仏のような精神でいられるのも、きっとこのような習慣のおかげなのでしょう。

 

彼の「メンタルを強くする」ではなく、心を「調整する」「調律する」という表現が私の心に残りました。

 

まとめ

 

サッカーがあまり好きではなかったので、「サッカー選手の書いた本?ふーん‥」程度でした。

 

今回は、kindleセールだったので、読んでみた程度です。

 

結果‥

 

今までこの本に手につけなかったことを後悔中です。


とてもいい本でした。

 

彼のような選手がいたおかげで、日本のサッカーは強くなれたのだな‥


私は、寝る前も携帯をいじってるし、いつでも、心はざわざわしている状態です。

 

完全にネット依存症なんですよね。

 

皆さんのブログが面白すぎるからいけないんです!!_| ̄|○

 

仏様の習慣を見習って、私も心を「整える」習慣をつけよう!


来月の目標になりそうです。

 

 

 

広告を非表示にする